2011年05月16日

ジロ ディ イタリアステージ9までを見て

2011ジロ デ イタリアはステージ9まで終了し、今日はお休み。今年も楽しいですね。

何しろ今年はトーピング疑惑でツールドフランスに出られないかもしれないコンタドールが出ているので、優勝はかなり鉄板と思われます。
前は休暇中に電話で呼び戻されてジロに出て優勝しているくらいなので、前もって予定しておけば負けるわけが無い。

ジロ ディ イタリアは、イタリア人選手にとって特に重要なレースなようなので、コンタドールがジロに回ってくるのはニバリやスカルポーニのようなイタリア人選手にはいい迷惑なんでしょうね。


更にゾンコランをはじめとしたきっつい山岳連発のコース設定なので、スプリンターやクロノマンはゴールまでたどり着くのはムリ。

優勝は鉄板、ポイント賞候補はみんなリタイヤ、山岳賞は普通に逃げ賞化というつまらないレースになりそうな気がしていましたが、始まるとやっぱり面白いです。

ウェイラントの事故を除けばですが。自転車はけっこう危険だというのを再確認させられました。整備、装備、そして状況に気をつけて安全に乗りましょう。

第9ステージは噴火はじめちゃったエトナ山で早くもコンタドールが噴火し、他の優勝候補が牽制しあいな感じもあったものの登りでは誰も付いて行けないことを証明して、早速マリアローザ着用。トップに立つのはちょっと早すぎな気もしますが。さすが、強すぎる。

ポイント賞は、現状ペタッキリードですがカベンディッシュもなんとか最下位&アシスト3人がかりでエトナ山を超え、あと2つの平坦ステージで勝負です。







posted by ケンタウロス at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース

2011年05月03日

4600ティアグラ

今度、ティアグラの新型が出るそうだ。次期モデルのシリーズの番号は今は4500なので次は4600になります。

この4600ティアグラ、一番の変化は10速になること。
これで上位モデルとの互換性が久しぶりに取れるようになります。

私、2台ロード車がありますが、1台は6500アルテなので9速、もう一台が6700アルテで10速になっているため、ホイールを交換するにはカセットを入れ替えなければいけないため、不精な僕はほとんどホイールを交換しなくなっています。


これまで、上位モデルとの互換性があるということで、105コンポが選ばれることがけっこう多かったかと思いますが、ティアグラが10速化すると105の立場が微妙になりますね。
ただ、シフトワイヤーの取り回しは105はハンドルに沿うようになりましたが、ティアグラは従来と同じでSTIの横から出てくるタイプのままらしいですが。
ティアグラのSTIは手元にいま何速に入っているかが表示されるインジゲーターがあり、かっこいいかどうかは別としてなかなか便利なのですが、このインジゲーターは4600にもあるようです。

シマノですから耐久性や変速性能が使い物にならないレベルになることは考えにくいので、2012年モデルではティアグラ仕様が良く売れるでしょうね。


これだけ10速化が進むと、今からは9速モデルの車を買いにくくなりますが、その分9速ティアグラの付いた完成車は大きめの値引きが期待できます。

9速ティアグラは、操作感も良く、9速ゆえのチェーン寿命の長さなどもあり、通勤用、トレーニング用などに良いコンポだと思うので、値引きされれば互換性を諦めてもいい買い物になる可能性はあります。

夏以降の2011年モデルティアグラ完成車の価格は要チェックかもしれません。

posted by ケンタウロス at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車パーツ
リンク集