2012年01月13日

子供の自転車の乗りかた練習法

自転車に乗れるようになるには、以下の3つが必要です。この3つを憶えれば乗れるようになります

・2輪車の操縦感覚を身につける
・ペダリングが出来るようになる
・ブレーキが使えるようになる

「ペダリング」は三輪車と同じなので三輪車が漕げれば何の問題なく漕げると思います。
また、3輪車が漕げなくても、自転車のほうが位置関係的に漕ぎやすいようで自転車に補助輪つけて乗せれば割と簡単に漕げるようになるようです。

「ブレーキ」が意外と鬼門で、子供は握力がないですし、子供用自転車は大したブレーキが付いていないことが多いので、下り坂だと止められないかもしれません。
十分な握力が付くまでは平坦なところで乗らせましょう。3歳だとレバーに指が届かなかったり届いても握力が厳しいかもしれません。

「操縦感覚」自体は最も難関ですが、3歳で十分身につけられます。2歳の頃からストライダーやキックボードで遊んでいればすでに「操縦感覚」は身についています。


ストライダーやキックボードで遊んでおらず、3輪車を漕げない子供が、自転車の乗りかたを学ぶとすると。

1.自転車を入手する。最初は両足がべったり付くくらいの大きさの方がいい。

2.自転車を調整する。サドル位置を調整するが、サドルのやぐらを裏返してもっと下げることも出来る。また、ブレーキレバーの位置を極力グリップに近づける。どうせ握力がないので引きしろを使いきれなくても最初は近づけたほうがいい。

3.補助輪をつけて漕ぎ方を練習する。多分すぐ憶えます。クランクが上死点にあるときは漕ぎ出しにくいので、ペダルを逆転させて位置を変えてから踏み出すやり方は教えたほうがいいかもしれません。

4.こんどは補助輪とペダルを外し、平地で足で地面を蹴って進ませます。ストライダーと同じにしちゃうのです。このためには両足がべったり付くくらいの大きさの方がやりやすいようです。スイスイいけるまでは時間がかかるかもしれません。

5.ゆるい下り坂を地面を蹴らずに、足を上げたまま下りられるようになったらペダルを付けます。ペダル外しで操縦感覚と補助輪でこぎ方が身についていれば、たぶん、何度か転ぶとは思いますがちょっとやれば乗れます。

6.スイスイ乗れる様でもブレーキはまだちょっと怪しい可能性があるので、下り坂では注意してあげてください。また冬に手袋をするとよりブレーキを握る力がなくなるので、手袋はせめて滑り止めのついたものにしましょう。


何回かは転ぶと思うので、ヘルメット、長袖、長ズボン、すべりどめの付いた手袋の格好でやるのがいいでしょうね。
posted by ケンタウロス at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車修行

2012年01月11日

20インチの子供用自転車購入

6歳の子供(男)が、最初に買った16インチの子供用自転車がさすがに小さくなってきたので、新しい自転車を買ってあげました。

購入前に「どんなのが欲しい」と聞いたところ
・スタンド付き
・カゴ付き
・泥除け付き
の自転車が欲しいとのこと。ママチャリかよ!
そう思いつつ世間の子ども用自転車を見ると



たしかにスタンドと泥除けとカゴが付いています。子供の嗜好って言うのはこういうことなんだなと理解。

しかし私は残念ながらチャリオタ。そう簡単に子供の思い通りにはなりません。確かに安いですが中国製は避けたい気もします。
サイズは20インチくらいが良さそうですが、カゴも泥除けも本人の希望は無視することに決定。

どんな車を買おうかなと情報収集してみました。

最近は自転車は海外通販で買ってばかりなので、海外通販店から探します。
やはり安いですね。ただ、それほど種類がありません。そして、子供用とはいえ完成車だと送料がかかるので、大人用自転車と比べあまりお得な感じがしません。
送料込みで考えると、近所の自転車屋さんで買うのと大差なくなってしまいます。

どうせ近所の自転車店で買うなら、個人輸入が困難なブランドの方がいいかなと思い、トレックの子供車MT60に決定。

トレックのMT60(公式サイト)


トレックはちょっと値段高めなイメージでしたが、他のグランツールで見かけるブランドの同等品と比べて、この20インチ車はむしろ安い位。
ジャイアントの20インチより定価は安く33000円です。

特徴は、背が伸びても対応しやすいところのようで、クランクにはペダルを取り付けるところが2つあり、クランク長を変えられる仕様とか、ステムがクイルなのでハンドルの高さが変えられるところなどが特徴のようです。

但し、色が少なく、男の子用は黒だけです。また、クイルのヘッドパーツはなんかかっこ悪いような気がします。

プレゼントするとカゴも泥除けもないですがけっこう喜んでくれまして、楽しそうに乗っています。
身長120cmの彼だと両かかとは着きませんし、センタースタンドの扱いが少し難しそう(クランクと当る)ですが、大きな不自由はなさそうです。

しかし、先日公園で全く同じ自転車の子に遭ってしまいました。色も1種類しかないので当然もろ被りですがこれは仕方ないですね。
その彼はこの車で階段降りしていました、将来有望です。



posted by ケンタウロス at 22:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 自転車選び
リンク集