2011年01月20日

素材買いでスペシャルドリンク作成


自転車乗る時には補給用のドリンクを積んで行ったりしますが、最近いろいろな素材を買ってきてこのドリンクを自作しています。


その中身ですが

まず、すっぱい系素材です。

まず疲労回復にもなり、脂肪の代謝にも必要とされるクエン酸ですね。


粉末を袋で買えばとても安いです。あほらしくてサプリとか買えなくなります。


あとは、免疫力を高めるにも取った方がいいとされるビタミンC(アスコルビン酸)


同じく粉末を袋で。クエン酸よりは少し高価ですが、ビタミン剤の値段を考えればこの手の粉末は全然安いですね。


この、クエン酸とビタミンCを500mlボトルあたりティースプーン半分づつ位入れちゃいます。各2.5gです。ちょっと多目でしょうか?


この状態だとすっぱくて飲めたものではないですし、カロリーがなく補給にならないので、糖を入れます。

エネルギーになるのが早くて良いといわれるのが「果糖(フルーツシュガー)」です。


果糖はカロリーの割りに甘いらしいので、ダイエット目的にもいいとか。


吸収自体が最速なのは「ブドウ糖」です。


果糖と逆にカロリーの割りに甘みが弱いので、たくさん入れてカロリー高くしても普通に飲めます。

凝るならマルトデキストリンあたりでしょうか。「カーボショッツ」等の主成分です。


果糖やブドウ糖よりもゆっくり吸収され、血糖値を保つタイプのエネルギー源です。甘みが低いので相当突っ込んでカロリー上げても飲めます。
この商品、カーボショッツの値段を考えると相当お得感があります。なにしろ、2kgの値段ですから。相当袋大きいですから覚悟の上でご購入を。


これらに普通の砂糖も入れたりします。

吸収の早い果糖やブドウ糖+それに比べると吸収が遅い普通の砂糖+吸収がゆっくりなマルトデキストリンを混ぜておけば、分散して吸収されるので、血糖値が安定して補給としての調子がいいのではないでしょうか。


これら糖類をを500mlボトルにティースプーン6〜10杯位入れます。エネルギーもっと高くしたければもっと入れてもOKです。糖はティースプーン一杯で19kcal程度なので10杯入れても200kcalほど。
補給と考えるともっと入れてもいいですね。

これで、甘みと酸味が両方加わるので飲めるものになるはずです。


あとは、電解質補給として塩を一振りでスペシャルドリンク完成です。


ダイエット目的の方はこんなのを入れて、ヘルシア緑茶的なものに改造したりすることも可能です。(入れすぎると渋すぎと飲めなくなるので注意)



オタク性が強い方にはなかなか楽しめる遊びなのではないかと思います。いかがでしょうか?

posted by ケンタウロス at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車修行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42759124

この記事へのトラックバック
リンク集