2011年05月16日

ジロ ディ イタリアステージ9までを見て

2011ジロ デ イタリアはステージ9まで終了し、今日はお休み。今年も楽しいですね。

何しろ今年はトーピング疑惑でツールドフランスに出られないかもしれないコンタドールが出ているので、優勝はかなり鉄板と思われます。
前は休暇中に電話で呼び戻されてジロに出て優勝しているくらいなので、前もって予定しておけば負けるわけが無い。

ジロ ディ イタリアは、イタリア人選手にとって特に重要なレースなようなので、コンタドールがジロに回ってくるのはニバリやスカルポーニのようなイタリア人選手にはいい迷惑なんでしょうね。


更にゾンコランをはじめとしたきっつい山岳連発のコース設定なので、スプリンターやクロノマンはゴールまでたどり着くのはムリ。

優勝は鉄板、ポイント賞候補はみんなリタイヤ、山岳賞は普通に逃げ賞化というつまらないレースになりそうな気がしていましたが、始まるとやっぱり面白いです。

ウェイラントの事故を除けばですが。自転車はけっこう危険だというのを再確認させられました。整備、装備、そして状況に気をつけて安全に乗りましょう。

第9ステージは噴火はじめちゃったエトナ山で早くもコンタドールが噴火し、他の優勝候補が牽制しあいな感じもあったものの登りでは誰も付いて行けないことを証明して、早速マリアローザ着用。トップに立つのはちょっと早すぎな気もしますが。さすが、強すぎる。

ポイント賞は、現状ペタッキリードですがカベンディッシュもなんとか最下位&アシスト3人がかりでエトナ山を超え、あと2つの平坦ステージで勝負です。







posted by ケンタウロス at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45208514

この記事へのトラックバック
リンク集