2011年07月20日

コンタドールが来たっ!


ツールドフランス2011序盤で落車してタイムを失い、ピレネーではフランクに付いていけず、今年は終わった?と思われていたコンタドール。

しかし昨日はシュレク兄弟やバッソをやっつけました。アルプスに向けて楽しくなってきました。

それでもエヴァンスには負けましたが。

16ステージ終了後にはコンタドールは総合6位で首位のヴォクレールから3分36秒差。

2位のエヴァンスから1分57秒
1位のフランクシュレクから1分53秒
4位のアンディシュレクから39秒
5位のSサンチェスから18秒

TTを考えればコンタドールは実質4位にいる位の状況でしょうか。アルプスでエヴァンスに対して1分40秒詰められれば、TTで逆転可能か。

しかし、エヴァンスは上りでコンタドールに食いつき、下りでもダウンヒル職人Sサンチェス以上の速さを見せていたようで相変わらず調子はいいみたいですね。
今のところエヴァンスが優勝候補最右翼でしょうか。
但しこの人例年不運なことが起きて、アシストも弱いため挽回できないというパターンの選手なのでこのまま行けるのかどうかはわかりませんが。


GCはまだまだ分からないと思いますが、それとは別に最高にツールを楽しんでそうな人が2人います。

1人は昨日もステージ優勝したフースホフト。

ゴールスプリントではカヴェンディッシュに勝てないので、登れるパンチャーに転向したみたいですが、これが大成功。マイヨもけっこう着ましたし、ステージも2勝。
何よりゴールスプリントでカヴェンディッシュに負けるという仕事をファラーにやってもらっているのが楽しげな理由でしょうか。とても自由人な感じです。


もう1人はやっぱり首位ヴォクレール。

コメントでは毎日マイヨは今日で終わりとか言いながらも、連日の頑張りで結局マイヨをキープ。優勝候補たちにしっかり付いていく本当に凄い走りで感動ものです。フランス人ですからきっと応援も凄いんでしょうね。
気軽にアホの子とかもう言えない熱血キャラクターになりつつあります。



posted by ケンタウロス at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46854797

この記事へのトラックバック
リンク集